+++++++++++++++++++++++++++++++
+++     インフラメンテナンス国民会議        +
++          会員メルマガ           ++
+           H31.3.28 Vol.59         +++
+++++++++++++++++++++++++++++++

===============================================================
■今回のトピックス
---------------------------------------------------------------
 ≪重要なお知らせ≫
 ・ホームページ移行について

 <近況報告>
 ・2/6、2/7 九州フォーラム「産学官連携インフラメンテナンス
               実務者フォーラム」を開催しました!
 ・2/27、3/ 4 ちゅうごくフォーラム
        第1回、第2回ピッチイベントを開催しました!
 ・3/ 8 アセットマネジメントシステム実装のための実践研究委員会 
     成果報告会を開催しました!

 <今後の予定>
 ・【新規】「こども霞が関デー」国民会議ブースの出展者募集!
 ・【再掲】5/30-31 近畿フォーラム2019開催!(※出展締切日4/1)

 <会員の取組み>
 ・「インフラメンテナンス写真集発売とミニ写真展開催!」
  写真家:山崎エレナ氏

===============================================================
 ■重要なお知らせ
---------------------------------------------------------------
 インフラメンテナンス国民会議が設立されて以来、会員の皆様に隔週
お届けしてきた「インフラメンテナンス国民会議会員メルマガ」ですが、
利便性向上のため、本vol.59号を最後にその機能を「ホームページ」(※1)
に移行することになりました。移行当初はご不便ご迷惑をお掛けするこ
とがあろうかと思いますが、ご容赦いただけますようよろしくお願いい
たします。
 ※1 http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/im/index.html

<今後、ホームページ上で広報をご希望する会員の皆様へ>
 「メルマガ」機能の「ホームページ」への移行に伴い、新たな「広報依頼書」
の作成を進めており、4月末日を目処に「ホームページ」に掲載いたしますので
どうぞご利用ください。なお、4月中につきましては、従来の「広報依頼書」に
よる広報依頼を受け付けいたしますので、よろしくお願いいたします。

<広報部会長より挨拶>
 気が付けばvol.59号まで続いた「インフラメンテナンス国民会議メルマガ」
ですが、広報メディアとしてご活用いただいた会員の皆様、そして、根気よく
発行作業を続けてきた事務局・広報部会メンバーにはとても感謝しています。
「メルマガ」の機能は、「ホームページ」に引き継がれますので、引き続き
どうぞご活用いただけますよう、よろしくお願いいたします。


===============================================================
 ■近況報告
---------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃2/6、2/7「産学官連携インフラメンテナンス実務者フォーラム」 ┃
┃     を開催しました!       九州フォーラム   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 九州フォーラムでは、九州地方整備局と共催により、産学官が連携し
てインフラメンテナンスを推進するため、若手技術者を対象に「産学官
連携インフラメンテナンス実務者フォーラム」を開催しました。
 会議では、民間企業、大学、自治体、整備局から約30人が参加し、
橋梁点検や広報の重要性に関する講義や橋梁実モデルを活用した演習
を行うとともに、それぞれが抱える課題・役割、連携方策等について
グループ討議により意見交換を行いました。
 ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

■日 時:平成31年2月6日(水)及び7日(木)
■場 所:九州地方整備局及び九州技術事務所研修棟(2F 大講義室) 
■参加者:約30名
※概要は資料1「産学官連携インフラメンテナンス実務者フォーラム
 概要」をご覧ください。九州フォーラムHPにも掲載しています。

インフラメンテナンス国民会議 九州フォーラムHP
 → http://www.imkyushu.jp/index.html
是非ご覧下さい!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃2/27、3/ 4 ちゅうごくフォーラム              ┃
┃「第1回、第2回ピッチイベント」を開催しました!      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 2月27日(水)にちゅうごくフォーラム「第1回ピッチイベント」、
3月4日(月)に「第2回ピッチイベント」を下記のとおり開催しました。
 民間事業者が地方自治体が抱える施設管理の課題(4つの対象テーマ)
に対して、プレゼンテーションを行いました。

第1回:広島会場
 日 時:平成31年2月27日(水)13:30~16:30
 場 所:広島合同庁舎4号館13階9号会議室
 対象テーマ:1「橋梁点検を支援する技術」
 対象テーマ:2「塩害橋梁の塩害進行度の把握技術」

第2回:米子会場
 日 時:平成31年3月 4日(月)13:30~16:30
 場 所:鳥取県西部総合事務所 講堂(本館B棟2階)
 対象テーマ:3「舗装の損傷状況の実態把握」
 対象テーマ:4「伸縮装置撤去時の騒音対策及び時間短縮」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃3/ 8 公益社団法人 土木学会技術推進機構 ┃
┃   「アセットマネジメントシステム実装のための     ┃
┃    実践研究委員会 成果報告会」を開催しました!   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 3月8日(金)にアセットマネジメントシステム実装のための実践研究
委員会 成果報告会が開催されました。持続可能なアセットマネジメン
トシステムの体制構築を推進するためのモデル事業を平成27年度から推進
しており、このたび、その最終成果報告会を下記の通り実施しました。

 日 時:平成31年3月8日(金) 13:00~17:00
 場 所:東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール

===============================================================
 ■今後の予定
---------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「こども霞が関デー」の国民会議ブースへの出展者を募集します!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 2019年8月7・8日(水・木)に実施される「こども霞が関デー」の国民
会議ブースへの出展者を募集します。
 インフラメンテナンス国民会議では、H30年度に引き続きH31年度も
「こども霞が関見学デー」にて展示ブースを確保し、来場されるお子さん
と保護者の皆さんを通じてインフラメンテナンスを広く知っていただく活動
を行ないます。つきましては、同活動にご協力いただける企業・団体など
を募集いたします。
※「こども霞が関見学デー」とは、国土交通省をはじめとした府省庁等が
連携して業務説明や省内見学などを行うことにより、親子の触れ合いを深
め子供たちが夏休みに広く社会を知ることなどを目的とした取り組みです。
平成30年度の国土交通省実施内容は以下のURLをご参照ください。

http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_006365.html

 日 時:2019年8月7・8日(水・木)
 場 所:中央合同庁舎
 募集対象:こども向けのインフラメンテナンス関連コンテンツを保有し、
      こどもの安全確保をしながらイベント運営が可能な方。
(注意)
 設営は8月6日(火)午後、撤収は8月8日(木)展示終了後夕方となります。
また、設営・撤収を含めイベント運営に可能な人員の確保をお願いするとと
もに出展に係る費用は出展者負担とさせていただきますので、ご承知ください。
<平成30年度出展実績および出展イメージ>
 「ドローンを用いた点検作業体験」(アイセイ株式会社)、
 「VR(ヴァーチャルリアリティ)を用いた特殊高所作業体験」(特殊高所技術株式会社)
 期間中におよそ500人の子どもたちと、保護者の皆さんが国民会議ブースを
 訪れました。
 スケジュール:出展希望者は、4/15までにhqt-kouhoubukai@gxb.mlit.go.jpまでご連絡をください。
 その後、個別ヒヤリングを経て5月中旬に出展者を決定いたします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃5/30~31 「近畿フォーラム2019」を開催!       ┃
┃ @花博記念公園鶴見緑地内ハナミズキホール・花博記念ホール┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 インフラメンテナンス国民会議近畿本部フォーラムでは、「近畿
フォーラム2019」を5月30日~31日に開催します。
 本展は、持続可能で快適な都市・地域づくりを目指す上で、
“管理者側のインフラ維持管理の課題と民間企業側の技術管理者”
のマッチングを目的とし、インフラ老朽化対策技術や再生・高度化
ビジネスをはじめ様々な分野での最先端技術が集結するこれまでに
ないイベントです。本展の出展企業を絶賛募集中(〆切は4月1日)

詳細はこちらをご覧下さい → http://infurakinki.jp/

===============================================================
 ■ 会員の取組 (担当:広報部会)
---------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インフラメンテナンス写真集発売とミニ写真展開催!      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 写真集「インフラメンテナンス ~日本列島365日、道路はこうして
守られている~ 撮影:山崎エリナ氏」が4月6日以降、全国の主要書店
に順次、配本されます。また、発売に合わせて全国の書店にて写真展示会
を開催いたします。
<写真展示会場のお知らせ>
メイン会場:4/1~5/6
 八重洲ブックセンター本店4階(東京都中央区、東京駅前)
サブ会場 :4/8~5/6
 ジュンク堂書店池袋本店9階(東京都豊島区、池袋駅前)
期間内は自由に出入り可能ですので、お気軽にお立寄りください。


===============================================================
 ■ 新規入会会員(5者) (全会員数 1,705者※)
---------------------------------------------------------------
 ○企業会員(3社)
株式会社フォトラクション
   株式会社LINKPLANET
   株式会社テクノコンサルタント

 ○個人会員(2者)
 (※企業員707 行政会員670 団体会員145 個人会員183)

<事務局からのお願い>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃人事異動等により申込書の内容を変更する方はご連絡願います! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 人事異動等で所属が変更になった方は、以前お申込み頂いた入会申
 込書を赤字で修正頂き、以下のメールアドレスにご連絡下さい。
 以前お申込み頂いた入会申込書が入手できない場合は、以下のメー
 ルアドレスに所属名・氏名及び変更内容をお知らせください。

<地方フォーラムホームページの紹介>
北海道フォーラム 
 https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/ki/chousei/splaat000001ckwg.html#s0
東北フォーラム  
 http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/k00360/inhuramente/inhuramentetohoku.html
北陸フォーラム  
 http://www.hrr.mlit.go.jp/infra-forum/index.html
近畿フォーラム  
 http://infurakinki.jp/
中国フォーラム  
 http://www.cgr.mlit.go.jp/im/index.html
九州フォーラム  
 http://www.imkyushu.jp/index.html

---------------------------------------------------------------
<事務局より挨拶>
 「インフラメンテナンス国民会議メルマガ」についてご購読頂き、
どうもありがとうございました。このたび、よりよい広報のため、
メルマガの内容をホームページに引き継ぐことと致しました。引き続き、
ホームページを活用頂き、国民会議の活動に参加頂ければと存じます。

===============================================================
 事務局: 国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課
     (担 当) 菅、佐藤、福田
     (連絡先) hqt-maintenance-sogo@ml.mlit.go.jp
---------------------------------------------------------------
プリンタ用画面