+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
インフラメンテナンス国民会議
会員メルマガ
H30.5.15 Vol.38
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*本メルマガは、インフラメンテナンス国民会議の活動などについて、
 企業・団体等の会員にお知らせするもので、隔週火曜日に発刊します。

■今回のトピックス

<お知らせ>
・インフラメンテナンス国民会議のワーキングフォルダを試行的に導入する会員を募集します!
・『インフラメンテナンス国民会議ファクトブック 2017-18』を作成しました!

<近況報告>
・インフラメンテナンス国民会議 第4回交流会を開催しました!
・インフラメンテナンス国民会議 革新的技術F「ドローン×インフラメンテナンス」連続セミナーを
 開催しました!

<今後の予定>
・【再掲:募集】近畿本部F 技術展示会への参加を募集します!
・i-Constructionを推進する技術開発を公募します!
 ~平成30年度建設技術研究開発助成制度~
・近日中に第2回インフラメンテナンス大賞の選考結果を発表予定です!

<会員の取組>


----------------------------------------------------------------------------------
○お知らせ
----------------------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インフラメンテナンス国民会議のワーキングフォルダが設置されました!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
この度、国民会議の情報共有プラットフォームとして、富士ゼロックス株式会社の
Working Folder(下記URL参照)を活用することになりましたので皆様にお知らせ
させていただきます。
http://www.fujixerox.co.jp/product/software/workingfolder/index.html

本システムを活用すれば、国民会議の規定類、これまでのメルマガのバックナンバー、
開催報告等を今後ご覧頂けるようになります。(フォルダは構築途中です。)
※原則、一般の会員の皆様は閲覧のみの運用とさせて頂きます。
本システムは会員制となっており、初めから全会員が運用すると混乱することが予想
されるため、まずは試行的に本システムを導入したい会員の方を募集します。

導入を希望する会員の方は、「登録会員名、所属、役職、氏名、メールアドレス」を
以下のアドレスに件名「ワーキングフォルダ」として送付してください。
メールアドレス:hqt-maintenance-sogo@ml.mlit.go.jp

希望者の方にはご連絡頂いたメールアドレス宛にシステムからユーザー登録に関する
案内メールが送られてきますので、案内にしたがってご登録をお願いします。
運用上不明な点がございましたら事務局までお問い合わせください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃『インフラメンテナンス国民会議ファクトブック 2017-18』を作成しました! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
インフラメンテナンス国民会議の設立からこれまでに開催したフォーラム等のイベントについて
国民会議の目的別に整理し、『インフラメンテナンス国民会議ファクトブック 2017-18』として
まとめました。(別添1)

----------------------------------------------------------------------------------
■近況報告
----------------------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インフラメンテナンス国民会議                       ┃ 
┃「第4回交流会~インフラメンテナンスを推進する若い力~」を開催しました!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
インフラメンテナンス国民会議では、4月25日に若手職員が分野・業界の異なる者同士で
ディスカッションし、交流を図る目的として、「第4回交流会~インフラメンテナンスを
推進する若い力~」を開催しました(別添2)。
インフラに関するミニ講義やインフラメンテナンスに携わってきた先輩技術者からの貴重
な体験談を聞きながら、将来のインフラメンテナンスやそこで若手が活躍する未来像に
ついてグループディスカッションを行いました。グループディスカッションでは、
「将来のインフラメンテナンスやそこで若手が活躍する未来像」と題して、グループ討議
を行いました。活発な意見交換が交わされるなかで、新技術に係る政策動向、技術開発動向
などの習得への意欲が示されるなど、実りの多いものとなりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インフラメンテナンス国民会議 革新的技術フォーラム              ┃
┃「ドローン×インフラメンテナンス」連続セミナー               ┃
┃~第1回ドローン関連政策・技術開発動向~を開催しました!          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
5月10日(木)に標記セミナーを開催しました!
  (参加者約260名の方にご参加頂きました。ありがとうございました。)

本セミナーは、小型無人航空機(ドローン等)によるインフラ点検・診断技術をテーマと
して取り上げ、その試行・導入等を支援するための情報交換の場として、を開催しました。
開催結果につきましては、別添3を参照してください。(講師の発表資料は、当日来訪者
のみへの配布としていますので、ご了承ください。)
本セミナーは、連続セミナーとして全4回予定されており、第2回以降の予定は、以下の
とおりです。

第2回 ドローンが果たす生産性革命とは(仮)【9月頃 予定】
第3回 ドローン技術開発の目標明確化①(仮)【12月頃 予定】
第4回 ドローン技術開発の目標明確化②(仮)調整中【2月頃 予定】

引き続き、上記第2回以降のセミナーにおいて技術情報を紹介して頂ける民間企業・団体
を募集しております。
別添 の登録票に必要事項を記載いただき、技術の概要がわかる資料A4 1枚程度を添付の
上、下記のアドレス宛てに件名を「ドローンセミナー技術紹介希望」としてご送付下さい。
第2回以降で、どの回でご発表いただくかは、内容を検討の上、事務局にて割り振らせて
いただきます。なお、本セミナーは発表企業側で開催費用や準備等を応分に負担する
共同開催方式で実施する可能性もございます。

【アドレス】hqt-maintenance-matching@ml.mlit.go.jp
※詳細について決まり次第、改めてご案内差し上げます。

----------------------------------------------------------------------------------
■今後の予定
----------------------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃近畿本部フォーラム 技術展示会への参加を募集します! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
インフラメンテナンス国民会議近畿本部では、平成30年8月23日、24日の2日間で
フォーラム・ピッチイベント・実証実験などとあわせて企業等による展示会開催を予定
しています。
出展企業の募集については、時間的制約もあり、他のイベントとは先行して、参加募集
を開始致します。
企業展示は、施設管理者のニーズに対応した、企業シーズの充実を目的にしたものです。
異業種も含めて幅広い参加を期待いたします。
参加希望される団体におかれましては、別添4の募集要領に従って別添5の申込書にて
お申し込みください。
(〆切を3月9日(金)としていましたがまだ申込可能なため引き続き募集します)

他のイベントや当日のボランティア募集につきましては、内容が確定次第、別途参加
申し込みの案内を致します。

■お申込及び問い合わせ先
インフラメンテナンス国民会議近畿本部 事務局
(一般社団法人国土政策研究会 関西支部事務局 担当窓口 織金)
TEL:06-6110-7168
E-mail:kokuminkaigi2018@kokuseiken.or.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃i-Constructionを推進する技術開発を公募しています-H30年度建設技術研究開発助成制度-┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
国土交通省は、平成30年度建設技術研究開発助成制度における技術開発公募を、
本日より6月15日まで実施いたします。

建設技術研究開発助成制度は、建設分野の技術革新を推進していくため、国や地域の諸課題
(地球温暖化、社会インフラの老朽化、少子高齢化等)の解決に資するための技術開発テーマを
国土交通省が示し、そのテーマに対し民間企業や大学等の先駆的な技術開発提案を公募し、
優れた技術開発を選抜し助成する競争的資金制度です。

平成30年度の公募においては、我が国が直面する重要課題へ対応するための技術開発として、
以下のテーマで提案を求めます。

○政策課題解決型技術開発公募(一般タイプ)

[1]新工法を活用した建設現場の生産性向上に関する技術  
・工法の簡素化等による工程短縮、省力化、コスト削減に資する技術  
・作業の自動化等による安全性、品質向上に資する技術  
・産業廃棄物の削減等の周辺環境への負荷低減に資する技術   等

[2]新材料を活用した建設現場の生産性向上に関する技術  
・材料の高機能化等による工程短縮、省力化、コスト削減に資する技術  
・材料の高機能化等による品質の向上に資する技術  
・有害物質の低減等による周辺環境への負荷低減に資する技術  等

※本テーマでは土木や建築等の新規及び改修工事における新工法、新材料を想定しています。

募集期間は5月10日(木)~6月15日(金)になります。詳細は下記URLをご覧下さい。

http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000486.html

---------------------------------------------------------------------------------
■ 会員の取組
----------------------------------------------------------------------------------



┏━━━━━━━━━━━━┓
┃会員の取組を募集します!┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
国民会議による取組、行事のほか、国民会議の場を通じて行われた技術開発や企業連携
等の成果について本コーナーで取り上げますので、概要をお知らせください。
追って広報部会からご連絡を差し上げます。

----------------------------------------------------------------------------------
■ 新規入会会員(30者)(全会員数 1,400者)
----------------------------------------------------------------------------------

○企業会員(16社)
株式会社サトー技建
三和エンジニアリング株式会社
第一復建株式会社
株式会社新星コンサルタント
ライン生コン株式会社
株式会社ドローンネット
株式会社総社技術コンサルタント
株式会社み・らいとコンサルティング
株式会社ランドアート
石黒建設株式会社
株式会社ケーネス
アイサワ工業株式会社
昭和コンクリート工業株式会社
株式会社E・C・R
中日本航空株式会社
別府建設株式会社

○行政会員(8団体)
茨城県守谷市
群馬県館林市
埼玉県川越市
埼玉県吉見町
千葉県野田市
神奈川県
三重県 名張市
三重県 いなべ市

○個人会員(6名)


<事務局からのお願い>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃人事異動等により申込書の内容を変更する方はご連絡願います!    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
人事異動等で所属が変更になった方は、以前お申込み頂いた入会申込書を赤字で
修正頂き、以下のメールアドレスにご連絡下さい。
(以前お申込み頂いた入会申込書が入手できない場合は、以下のメールアドレスに
所属名・氏名及び変更内容をお知らせください。)
【連絡先】インフラメンテナンス国民会議事務局
(連絡先) hqt-maintenance-sogo@ml.mlit.go.jp


============================================
 国土交通省総合政策局 公共事業企画調整課
  事業総括調整官室  事業調整第三係
    福田 隼登 / Fukuda Hayato
   Mail:fukuda-h86aq@mlit.go.jp
    Tel: 03-5253-8111 (内線:80-24544)
============================================
プリンタ用画面