+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
インフラメンテナンス国民会議
会員メルマガ
H30.6.12 Vol.40
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*本メルマガは、インフラメンテナンス国民会議の活動などについて、
 企業・団体等の会員にお知らせするもので、隔週火曜日に発刊します。

■今回のトピックス

<お知らせ>
・インフラメンテナンス国民会議のワーキングフォルダを試行的に導入する会員を募集します!

<今後の予定>
・【募集】平成30年 第13回建設トップランナーフォーラム
     地域のインフラメンテナンス~第4次産業革命の胎動~ を開催します!
・【募集】CNCP・SLIM JAPAN共催「アセットマネジメントを自治体行政に活かすには」
を開催します!(インフラメンテナンス国民会議協賛)
・【募集】出展申込の締切迫る!「社会インフラテック2018」
・【募集】インフラメンテナンス国民会議「ちゅうごく」の発足会議を開催します!
・【予告】インフラメンテナンス国民会議 九州フォーラム
    《キックオフフォーラム》 「九州におけるインフラメンテナンスの現状と課題」を開催予定!
・【再掲:募集】近畿本部フォーラム『第5回フォーラム』を開催します!     
     討議・技術情報を提供していただける参加者を募集します!
・【再掲:予告】「SIPインフラ維持管理・更新・マネジメント技術 技術交流会」を開催予定です!
・【再掲:募集】インフラメンテナンス国民会議 革新的技術F「ドローン×インフラメンテナンス」
       連続セミナー(第2回)を開催予定です!
・【再掲:公募】i-Constructionを推進する技術開発を公募します!
~平成30年度建設技術研究開発助成制度~

<会員の取組>


----------------------------------------------------------------------------------
○お知らせ
----------------------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インフラメンテナンス国民会議のワーキングフォルダが設置されました!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
この度、国民会議の情報共有プラットフォームとして、
Working Folder(下記URL参照)を構築しましたので皆様にお知らせ
させていただきます。
http://www.fujixerox.co.jp/product/software/workingfolder/index.html

本システムを活用すれば、国民会議の規定類、これまでのメルマガのバックナンバー、
開催報告等を今後ご覧頂けるようになります。(フォルダは構築途中です。)
※原則、一般の会員の皆様は閲覧のみの運用とさせて頂きます。
本システムは会員制となっており、初めから全会員が運用すると混乱することが予想
されるため、まずは試行的に本システムを導入したい会員の方を募集します。

導入を希望する会員の方は、「登録会員名、所属、役職、氏名、メールアドレス」を
以下のアドレスに件名「ワーキングフォルダ」として送付してください。
メールアドレス:hqt-maintenance-sogo@ml.mlit.go.jp

希望者の方にはご連絡頂いたメールアドレス宛にシステムからユーザー登録に関する
案内メールが送られてきますので、案内にしたがってご登録をお願いします。
運用上不明な点がございましたら事務局までお問い合わせください。


----------------------------------------------------------------------------------
■今後の予定
----------------------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃平成30年 第13回建設トップランナーフォーラム                 ┃
┃     地域のインフラメンテナンス~第4次産業革命の胎動~ を開催します!   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
わが国では、戦後作られた膨大な社会基盤の老朽化が進み、社会経済や国民の命を支える地域
のインフラメンテナンスが喫緊の課題となっています。道路や橋や構造物に加え、農地や森林、
漁場などを含む国土の保全が求められています。さらに、大地震災害の切迫や、気候変動による
豪雨や台風の激化が指摘され、防災の観点からも、社会基盤の健全な維持はますます重要に
なっています。

このような厳しい状況にあっても、地域を健全な形で次の世代に引き継ぐことが、地域建設業
の使命です。限られた財源と担い手の中で、最大の効果を出すためには、メンテナンス技術の
向上、人材育成、インフラの予防保全・長寿命化対策に加え、地域建設業の力を発揮させる
ための制度改革が必要になります。さらに、急速に発展するIT・AIをいかに活用するかも、
重要なテーマです。

このフォーラムでは、地域維持型発注の実例や、メンテナンス技術の向上をめざす地域の
産官学の取り組み、予防保全の取り組み、ICTやビッグデータの活用などの事例を紹介する
とともに、今後の地域のインフラメンテナンスの進め方について議論します。(別添1)

【日時】平成30年6月29日(金) 14:00~18:00

【会場】イイノホール Room A (大会議室) 東京都千代田区内幸町2-1-1 (TEL: 03-3506-3251)

【参加費】無料

【内容】第1部 ICT技術がメンテナンスを変える
    第2部 地域連携による新たな取組み
    第3部 未来づくりとICT
    第4部 パネルディスカッション 「これからの地域のインフラメンテナンス」
  ※交流会を18:30~20:30で予定しております(イイノホールRoom B/交流会参加費5000円)

【申込方法】 下記のホームページの申込フォームからお申込ください。
       http://www.kentop.org/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃CNCP・SLIM JAPAN共催(インフラメンテナンス国民会議協賛)             ┃
┃「アセットマネジメントを自治体行政に活かすには」 を開催します!          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
インフラメンテナンス国民会議が協賛する 「合同シンポジウム―アセットマネジメントを
自治体行政に活かすには」 が8月21日に開催予定です!

【日時】 平成30年8月21日(火) 12:45~18:45(12:00受付開始)
 
【会場】 東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール

【入場料】一般6,000円/学生3,000円/自治体参加者は無料

【内容】
<先端研究紹介(講演)の部>
・「内閣府SIPインフラメンテナンスの活動について」/
・「最新のアセットマネジメントの取組み」/
・「地域の人材育成における大学の役割」
<討論の部>
・テーマ講演「アセットマネジメントを行政運営に活かす」/
・パネルディスカッション「自治体におけるアセットマネジメントの有効な推進を目指して」

【申込】6/18から、メールまたはFAXにて受付
※詳細は別添2、またはウェブサイト(http://www.issinc.co.jp/info/)をご覧ください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃出展申込の締切迫る!「社会インフラテック2018」                ┃
┃   12月6日(木)~8日(土) 東京ビッグサイト          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「社会インフラテック2018」は、インフラメンテナンス国民会議と日本経済
新聞社との共催で、インフラ老朽化対策技術やIoT、ドローンなどを活用し
たインテリジェント・インフラが集結する展示会です。
国、地方公共団体のインフラメンテナンス対策や企業連携、官民連携を紹介
するカンファレンスも開催します。

出展申込締切日は、7月20日(金)です。すでに多数のお問い合わせをいただ
いております。出展スペースには限りがありますので、お申し込みはお早めに!

出展のお申し込み・詳細はこちら→ https://messe.nikkei.co.jp/in/

-------------------------------------------------------------------------------
「社会インフラテック2018」開催概要
  ◇会 期:12月6日(木)~8日(土)  午前10時~午後5時
  ◇会 場:東京ビッグサイト 東ホール(東京都江東区有明)
  ◇主 催:インフラメンテナンス国民会議、日本経済新聞社
  ◇展示規模:100社、200小間(見込み)
  ◇来場者数:同時開催展「エコプロ2018」とあわせて17万人(見込み)
  ◇出展料金:
   8小間以下の場合:1小間9㎡につき320,000円(税別)
   9小間以上の場合:1小間9㎡につき300,000円(税別)

 お問い合わせ先
  「社会インフラテック2018」主催者事務局
  (E-mail)infratech@nex.nikkei.co.jp (Tel)03-6256-7355

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インフラメンテナンス国民会議「ちゅうごく」の発足会議を開催します!        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

中国地方の会員が知識・人材の交流を深め解決策を見出す場として
インフラメンテナンス国民会議「ちゅうごく」が設立されたことから、
発足会議を下記のとおり開催します。

なお、会議への出席を希望される方は、別紙3の出席連絡票にご記入のうえ、
下記申込み先まで、メール又はFAXにてお申込みください。

【申込み先】 インフラメンテナンス国民会議「ちゅうごく」企画委員会(事務局)
       (復建調査設計株式会社 保全構造部 藤井・天満)
          E-mail:t-fujii@fukken.co.jp
              tenma@fukken.co.jp
          Fax:082-506-1891

【申込み期限】平成30年6月15日(金)17:00まで

  1.開催日:平成30年6月28日(木)
  2.時 間:13:30~15:30(受付は13:00から)
  3.場 所:広島合同庁舎4号館附属棟 海技試験場(位置図:別紙4)
        (広島市中区上八丁堀6-30)
  4.プログラム案:
    ・開会
      ・あいさつ
      ・国民会議の概要説明
      ・インフラメンテナンス国民会議「ちゅうごく」の概要説明
      ・講演① 「市民が護るインフラのメンテナンス」
            ―― 維持管理のあり方について考える ――
             インフラメンテナンス国民会議「ちゅうごく」リーダー
             広島大学大学院工学研究科 特任教授 藤井 堅
      ・講演② 「産官学で取組む『岡山工業高校道路パトロール隊』活動報告」
             インフラメンテナンス国民会議「ちゅうごく」企画委員
             岡山県立工業高等学校土木科 教諭 狩屋 雅之
    
      ※プログラムの内容は調整中であり、予告なく変更する場合がございますので
       ご了承ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インフラメンテナンス国民会議 九州フォーラム                   ┃
┃《キックオフフォーラム》「九州におけるインフラメンテナンスの現状と課題」を開催予定!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

インフラメンテナンス国民会議 九州フォーラムでは、最初の活動となるキックオフフォーラムを
下記の通り開催予定です!!(入場無料、先着150名)

今回のフォーラムは、社会におけるインフラメンテナンスの現状や課題等について、
産・学・官・民の様々な立場から意見を頂き、参加者とともに考え議論する場とします。

九州フォーラムでは特に自治体支援の活動に力を入れており、第1回フォーラムでは、
多くの自治体の方々のご参加をお待ちしております。

【日時】 平成30年7月30日(月) 13:30~17:00
【会場】 第三博多偕成ビル 4F (福岡市博多区博多駅南1丁目3番6号)
【内容】 ・講演
       基調講演 国土交通省 総合政策局事業総括調整官 鈴木 学 氏
       特別講演 長崎市 中央総合事務所 理事 森尾 宣紀 氏
     ・パネルディスカッション
【コーディネーター】 一般社団法人ツタワルドボク 代表理事  片山 英資 氏
【パネリスト】 
     東峰村 村長 澁谷 博昭 氏
     玉名市 建設管理課 参事  木下 義昭 氏
     LOCAL&DESIGN(株) 代表取締役 高山 美佳 氏
     国土交通省 九州地方整備局 企画部長 藤巻 浩之 氏
【申込等】 準備中(次号メルマガより掲載予定 また、近日中に九州フォーラムHPに掲載予定)

インフラメンテナンス国民会議 九州フォーラムはホームページを開設しました!是非ご覧下さい。
  インフラメンテナンス国民会議 九州フォーラムHP → http://www.imkyushu.jp/index.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃近畿本部フォーラム『第5回フォーラム』を開催                ┃
┃討議・技術情報を提供していただける参加者を募集します!          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 インフラメンテナンス国民会議近畿本部フォーラムでは、下記のとおり「第5回フォーラム」
 を開催いたします。

 今回のフォーラムでは、会員の施設管理者から出されたニーズ(討議テーマ)に基づき
 ワークショップ形式にて討議を行います。

 つきましては、各テーマに対する討議・技術情報を提供して頂ける参加者を募集いたします。
 参加希望者は、別添5「第5回フォーラム班別討議テーマ」をご参照の上、参加テーマを
 お決めいただき、別添6「第5回フォーラム参加申込書」にてメールでお申込み下さい。
  ※本フォーラムの開催については、プレス前の情報となりますので、会員間のみの情報の
   取扱いとさせていただきます。

                   記

【日 時】 平成30年6月21日(木) 13:00~17:00(12:30受付開始)

【場 所】 近畿地方整備局 第1別館 大会議室(大阪市中央区大手前1丁目5-44)

【テーマ】 討議テーマ① 道路付属物(標識柱等)鋼製支柱の土中部の点検を支援する技術
      討議テーマ② 人道吊り橋の効率的な補修技術・長寿命化技術
      討議テーマ③ 橋梁、ダム等、足場の設置が困難な箇所の点検を支援する技術
      討議テーマ④ 河道・堤防を効率的な点検・診断を行う技術
      討議テーマ⑤ 海上に漂着したゴミの測量技術
      討議テーマ⑥ 水路クラックの簡易補修を支援する技術
      討議テーマ⑦ 橋梁やトンネル等の構造物点検に際し、継続的に整合が取れた
             点検を可能とする技術
【申込み先】インフラメンテナンス国民会議近畿本部事務局
       (一般社団法人 国土政策研究会関西支部)
       アドレス : kansaishibu@kokuseiken.or.jp

【申込み期限】平成30年6月15日(金)

【注意事項】①技術情報提供者は、1テーマにつき、1企業1名の参加でお願いします。
      ②申込み多数の場合は、お断り(申込み順)する場合がございます。
       参加申込者が少ないテーマについては、実施しない場合があります。
      ③申込み締切後、参加の可否をメールにて通知させて頂きます。
      ④参加者は、後日送付する「インフラメンテナンス国民会議運営上の
       知的財産の取扱いに関する事前の取り決めとなるガイドライン」を
       ご確認いただき、当日「参加同意書」をご提出いただきます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【予告】SIPインフラ第10回社会実装促進会議               ┃
┃ SIPインフラ維持管理・更新・マネジメント技術 技術検討会を開催予定です!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
SIPインフラ維持管理・更新・マネジメント技術 技術検討会を
下記のとおり開催予定です!(別添7)
(一般公開、入場無料)

【日 時】 平成30年7月19日(木) 10:30~17:00(10:00受付開始)
      ※ポスター展示・意見交流は11:00開始

【会 場】 ベルサール飯田橋ファースト(JR飯田橋駅より徒歩5分)

【内 容】 SIPインフラ関係者等による講演およびポスター展示・意見交流

【申込等】 準備中 講演プログラム・出展内容・参加申込等、近日中にHPにて案内予定
      http://www.jst.go.jp/sip/k07.html

【主 催】 SIPインフラ維持管理・管理・マネジメント技術/土木学会SIPインフラ連携委員会
【共 催】 インフラメンテナンス国民会議
     ※土木学会認定CPD(継続教育)プログラム申請予定


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インフラメンテナンス国民会議 革新的技術フォーラム              ┃
┃「ドローン×インフラメンテナンス」連続セミナー 第2回以降発表者募集!   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
本セミナーは、小型無人航空機(ドローン等)によるインフラ点検・診断技術をテーマと
して取り上げ、その試行・導入等を支援するための情報交換の場として、第1回(5/10)
を開催しました。連続セミナーとして全4回予定されており、下記の予定です。

第1回 ドローン関連政策・技術開発動向【5月10日実施済】
第2回 ドローンが果たす生産性革命とは(仮)【9月頃 予定】
第3回 ドローン技術開発の目標明確化①(仮)【12月頃 予定】
第4回 ドローン技術開発の目標明確化②(仮)調整中【2月頃 予定】

インフラ点検用ドローンの技術開発を行っており、オープンイノベーションにより
セミナーにおける技術紹介等を通じ、自治体等施設管理者からの助言や他企業との
交流、情報交換、マッチング等を希望する民間企業・団体を募集しております。
別添8の登録票に必要事項を記載いただき、技術の概要がわかる資料A4 1枚程度を添付の
上、下記のアドレス宛てに件名を「ドローンセミナー技術紹介希望」としてご送付下さい。
第2回以降で、どの回でご発表いただくかは、内容を検討の上、事務局にて割り振らせて
いただきます。なお、本セミナーは発表企業側で開催費用や準備等を応分に負担する
共同開催方式で実施する可能性もございます。

【アドレス】hqt-maintenance-matching@ml.mlit.go.jp
※詳細について決まり次第、改めてご案内差し上げます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃i-Constructionを推進する技術開発を公募しています!H30年度建設技術研究開発助成制度┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
国土交通省は、平成30年度建設技術研究開発助成制度における技術開発公募を
6月15日まで実施いたします。

建設技術研究開発助成制度は、建設分野の技術革新を推進していくため、国や地域の諸課題
(地球温暖化、社会インフラの老朽化、少子高齢化等)の解決に資するための技術開発テーマを
国土交通省が示し、そのテーマに対し民間企業や大学等の先駆的な技術開発提案を公募し、
優れた技術開発を選抜し助成する競争的資金制度です。

平成30年度の公募においては、我が国が直面する重要課題へ対応するための技術開発として、
以下のテーマで提案を求めます。

○政策課題解決型技術開発公募(一般タイプ)

[1]新工法を活用した建設現場の生産性向上に関する技術
・工法の簡素化等による工程短縮、省力化、コスト削減に資する技術
・作業の自動化等による安全性、品質向上に資する技術
・産業廃棄物の削減等の周辺環境への負荷低減に資する技術 等

[2]新材料を活用した建設現場の生産性向上に関する技術
・材料の高機能化等による工程短縮、省力化、コスト削減に資する技術
・材料の高機能化等による品質の向上に資する技術
・有害物質の低減等による周辺環境への負荷低減に資する技術 等

※本テーマでは土木や建築等の新規及び改修工事における新工法、新材料を想定しています。

募集期間は5月10日(木)~6月15日(金)になります。詳細は下記URLをご覧下さい。

http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000486.html


---------------------------------------------------------------------------------
■ 会員の取組 (担当:広報部会)
----------------------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃会員の取組を募集します!┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
国民会議による取組、行事のほか、国民会議の場を通じて行われた技術開発や企業連携
等の成果について本コーナーで取り上げますので、概要をお知らせください。
追って広報部会からご連絡を差し上げます。



----------------------------------------------------------------------------------
■ 新規入会会員( 9者)(全会員数 1,437者)
----------------------------------------------------------------------------------

○企業会員(6社)
水ing株式会社
岩倉測量設計株式会社
株式会社カンケン
山陽ロード工業株式会社
新日鐵住金株式会社
株式会社米倉社会インフラ技術研究所

○行政会員(2団体)
茨城県 土浦市
宮崎県 延岡市

○個人会員(1名)

<事務局からのお願い>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃人事異動等により申込書の内容を変更する方はご連絡願います!    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
人事異動等で所属が変更になった方は、以前お申込み頂いた入会申込書を赤字で
修正頂き、以下のメールアドレスにご連絡下さい。
(以前お申込み頂いた入会申込書が入手できない場合は、以下のメールアドレスに
所属名・氏名及び変更内容をお知らせください。)
【連絡先】インフラメンテナンス国民会議事務局
(連絡先) hqt-maintenance-sogo@ml.mlit.go.jp

----------------------------------------------------------------------------------
事務局: 国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課
(担 当) 佐藤、福田
(連絡先) hqt-maintenance-sogo@ml.mlit.go.jp
プリンタ用画面