来訪者数

今日 :
昨日 : 49
総計 : 13408

金抜き設計書作成支援


当協会で提供する金抜き設計書作成のための積算資料作成端末の予約ができます。
※登録会員限定

〇積算システム メンテナンス情報

情報交換ネットワーク


キャビネットに掲載された技術情報のダウンロードや大容量転送サービスがご利用いただけます。※登録会員限定

○どこキャビ利用参考資料
ログイン画面左上 オレンジバーのHOMEをクリックするとメンテナンス情報のリンクボタンやマニュアル-リンク等が現れます。
メンテナンス情報

橋梁管理台帳システム

建設技術研修情報

今年度の建設技術研修各講座は無事終了しました。
ありがとうございました。
協会特別研修は個別案内となります。

 

前月2017年 11月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<今日>

販売図書のご案内

お知らせ : 【県内市町村対象】金抜き設計書の外注に関するアンケートについて
投稿者 : kensetsuka 投稿日時: 2017-03-03 12:19:10 (173 ヒット)
県内市町村 建設工事発注担当者 各位

               (公財)愛知県都市整備協会
                 まちづくり事業部 建設技術課長

 当協会では現在、県の積算システムを使われている市町村が発注する工事の金抜き設計書の作成を建設コンサルタントに委託された場合に、金抜きから金入りに置き換えた上で市町村にお返しするサービスを行っています。
 また、発注者支援業務においても工事の施工管理だけではなく、積算業務を含めて受託することも行っています。
 
 しかしながら、利用いただけるのが県の積算システムを導入している市町村に限定されていることもあり、利用率がそれほど高くないのが実情です。
 そこで、数年以内に予定されている県の積算システムの更新に合わせて、当業務をさらに活用しやすいものに改変していきたいと考えております。
 
 つきましては、金抜き設計書の外注の実態について、以下のとおりアンケート調査を実施いたしますので、お忙しいとは存じますが3月17日(金)までにご回答のほどよろしくお願いします。
 
 なお、回答は、当サイトの簡易アンケート機能をご活用ください。

金抜き設計書の作成業務の外注について最も当てはまるものを1つお選びください。
1. 外注している。(当協会のサービスを活用)
2. 外注している。(当協会以外のサービスを活用)
3. 職員が対応できる業務量であるため外注していない。
4. 予算が確保できないため外注していない。
5. 外注したいが県のシステムではないので活用できない。
6. 外注の仕方がわからない、あるいは外注できることを知らなかった。
7. 手続きや指示の手間を考えると、職員がやった方が早いため外注していない。
8. 職員の技術力低下を招かないために外注していない。
9. 設計金額が外部に漏れることを防止するため外注していない。
10. その他(                             )

             問合せ先 建設技術課(青山、加藤)
                  電話 052-951-2550
印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

建設技術支援業務の紹介

行政機関関連部局リンク

技術情報 関連リンク

動画コーナー

【参考動画1】
特殊高所技術による跨線橋点検


【参考動画2】
JR在来線跨線橋の軌陸車による点検


【参考動画3】
軌陸車


【参考動画4】
跨線橋点検に使える軌道用足場


ログインIDをお持ちの会員の皆さんは、軌道用足場「スライドスパイダー」のカタログをどこでもキャビネットの掲示版より、ダウンロードすることができます。
【参考動画5】

↑大型橋梁点検車動画