来訪者数

今日 : 2
昨日 : 37
総計 : 30904

金抜き設計書作成支援


当協会で提供する金抜き設計書作成のための積算資料作成端末の予約ができます。
※登録会員限定

〇積算システム メンテ情報
システムサーバ設置建物計画停電(電気施設点検)
積算システム停止時間
2019/3/8(金)17:30 ~ 2019/3/11(月)9:00

情報交換ネットワーク


キャビネットに掲載された技術情報のダウンロードや大容量転送サービスがご利用いただけます。※登録会員限定

○どこキャビ利用参考資料
ログイン画面左上 オレンジバーのHOMEをクリックするとメンテナンス情報のリンクボタンやマニュアル-リンク等が現れます。
メンテナンス情報

橋梁管理台帳システム


○各種マニュアル
(H30年7月版に更新しました)
システム保守作業実施日時
 H31年2月22日(金)
    17:30 ~ 21:00
システム利用をお控え下さい。

建設技術研修情報

H30年度建設技術研修(協会協賛開催分)は終了いたしました。

行事予定

  2月20日
鋼製支承補修デモ見学会
  3月6日
啓蟄
  3月21日
春分

行事カレンダー

前月2019年 2月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
<今日>

販売図書のご案内

お知らせ : 鋼製支承補修工法の現地デモ見学会 2月20日(水)
投稿者 : to-aoyama 投稿日時: 2019-01-30 17:15:35 (42 ヒット)
今年度で橋梁点検も一巡し、
その結果から今後は補修を行う橋梁が増えていくことが予想されます。

高度経済成長期に作られた多数の橋梁が一気に老朽化を迎える中、
効率的で効果的な補修工法の選定は、
道路管理者に課せられた大きな課題となっています。

中でも鋼製支承は、
置かれている環境から腐食が進みやすい部材であり、
1種ケレン後の金属溶射が標準的な補修工法として
採用されていますが、
狭隘な箇所にあるため施工の困難性やコスト面から
予防保全対応がしづらい状況にあります。

 そこで、この度NETIS(国交省新技術情報提供システム)登録技術の中で、
1種ケレンを必要としない支承補修工法をピックアップし
その技術を有する企業に声をかけ、賛同頂いた4社にてデモ施工見学会を開催致します。

 弥富市のご協力を得て、下記橋梁の4箇所の支承で同時に行うため、それぞれの得失を比較することが容易です。

 ぜひ、この機会を積極的にご活用いただき、補修工法の選定の一助にしていただければと存じます。
ふるってご参加ください。お待ちしております。



1. 日  時  平成31年2月20日(水) 13:20~
 ※雨天の場合は、翌2月21日(木)13:20~

2. 場  所  弥富市道鍋田23号線 一号南橋梁 (弥富市鍋田町六野)

3. デモ概要
   一号南橋梁の両橋台にある支承のうち4箇所について1社1支承ずつ、それぞれの
工法により補修を行います。

4.定  員  40名程度 

5. 補修工法  ①鋼構造物を主体とした長耐久性防水・防食工法
NETIS登録No.SK-180017-A 阿南電機(株)
        ②NKさび安定化防錆工法
NETIS登録No. SK-100009-VR 烏城エンジニアリング(株)
        ③エポガードシステム
NETIS登録 No. CB-080011-VR (株)エコクリーン
        ④スラグリードSR自己修復材(素地調整低減型)
NETIS登録 No. QS-160013-A ダイキ工業(株)

6. スケジュール
  デモのスケジュールは以下を予定しています。
13:20     集合
13:20~13:30 趣旨説明
13:30~14:30 2工法のデモンストレーション(A1、A2橋台1工法ずつ)
15:00~16:00 2工法のデモンストレーション(A1、A2橋台1工法ずつ)
16:00~    質疑・終了
    
7.申込方法
  各所属研修担当にお申し込みください。

8.問合せ先・受講申請書送付先
  〒460-0001 名古屋市中区三の丸三丁目2番1号
  公益財団法人愛知県都市整備協会 
  まちづくり事業部 建設技術課 担当:清水/加藤(電話:052-951-2550)
  E-mail:kensetsuka@aichi-toshi.or.jp

9.提出期限
   平成31年2月8日(金)必着 

10.その他
・参加者が決定次第、別途メールにて通知します。
・定員を超えた場合は調整させて頂きますので、あらかじめ了承願います。
・雨天順延で参加不可の場合 申込備考欄にその旨の記載をお願いします。
印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

建設技術支援業務の紹介

行政機関関連部局リンク

技術情報 関連リンク

動画コーナー

【参考動画1】
特殊高所技術による跨線橋点検


【参考動画2】
JR在来線跨線橋の軌陸車による点検


【参考動画3】
軌陸車


【参考動画4】
跨線橋点検に使える軌道用足場



【参考動画5】

↑大型橋梁点検車動画