建設技術ポータルサイト公益財団法人 愛知県都市整備協会 まちづくり事業部 建設技術課 TEL 052-951-2550

来訪者数

今日 :
昨日 : 61
総計 : 10959

金抜き設計書作成支援


当協会で提供する金抜き設計書作成のための積算資料作成端末の予約ができます。
※登録会員限定

情報交換ネットワーク


キャビネットに掲載された技術情報のダウンロードや大容量転送サービスがご利用いただけます。※登録会員限定

○どこキャビ利用参考資料
ログイン画面左上 オレンジバーのHOMEをクリックするとメンテナンス情報のリンクボタンやマニュアル-リンク等が現れます。

橋梁管理台帳システム


建設技術研修 土木実務研修および共通実務研修 講座状況

 

前月2017年 9月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>

販売図書のご案内

投稿者 : to-aoyama 投稿日時: 2017-09-20 10:44:16 (4 ヒット)
はしごはもとより、橋梁点検車や高所作業車を使っても
近接目視点検ができない橋梁において、
特殊高所技術を用いて点検を実施した状況を本サイトの
動画コーナーに掲載しましたので、参考にご利用ください。
https://youtu.be/Tm32W9duyu4

投稿者 : kensetsuka 投稿日時: 2017-09-12 17:16:29 (14 ヒット)
データは「どこでもキャビネット」の「99データライブラリ」の「貯留土」にあります。
http://dococab.tayoreru.com/login.html

担当者:愛知県建設部建設企画課 土木技術G
連絡先:052-954-6507

※パスワード等の問合せは都市整備協会か、各担当窓口へお問合せください。

投稿者 : kensetsuka 投稿日時: 2017-09-11 09:25:36 (25 ヒット)
データは「どこでもキャビネット」の「99データライブラリ」の「特別調査」の「平成29年度特別調査報告書」にあります。
http://dococab.tayoreru.com/login.html


担当者:愛知県建設部建設企画課 土木技術G 
連絡先:052-954-6507

投稿者 : kensetsuka 投稿日時: 2017-09-06 17:14:40 (25 ヒット)
本ポータルサイトの左下
「販売図書のご案内」
をご参照下さい。

投稿者 : kensetsuka 投稿日時: 2017-09-05 10:03:21 (240 ヒット)
「平成29年度第1回技術管理等地域説明会」の資料を「どこでもキャビネット」にアップしましたので、各自ダウンロード願います。

<保存先>
平成29年度 第1回 技術管理等地域説明会
99データライブラリ\地域部会資料\H29第1回地域説明会ダウンロード資料

建設企画課 土木技術G
052-954-6507

投稿者 : kensetsuka 投稿日時: 2017-09-01 10:52:08 (74 ヒット)
【掲載延期のお知らせ】

「平成29年度 第1回 技術管理等地域説明会」の配付資料の情報交換ネットワーク(どこでもキャビネット)への掲載について、当初、9月1日(金)13:00に行うと通知しておりましたが、掲載内容の再確認のため、9月5日(火)17:00に延期します。

 よろしくお願いします。

  愛知県建設企画課
  土木技術グループ 宮田

どこでもキャビネットの掲示板フォルダー内に上記文面のwordファイルがあります。

投稿者 : kensetsuka 投稿日時: 2017-08-30 09:02:15 (44 ヒット)
データは「どこでもキャビネット」の「02単価配信業務」の「03設計単価表(災害単価)」にアップしました。
http://dococab.tayoreru.com/login.html

担当者:愛知県建設部建設企画課 土木技術G 
連絡先:052-954-6507

※パスワード等の問合せは都市整備協会か、各担当窓口へお問合せください。

投稿者 : to-aoyama 投稿日時: 2017-08-29 11:37:27 (21 ヒット)
今年の5月以来4ヶ月ほど中断していましたが、技術相談フォーラムに、「塗料に含まれるPCBへの対応について (その3「現場での実際」)」を掲載しましたので、参考にしてください。


投稿者 : kensetsuka 投稿日時: 2017-08-14 14:21:17 (80 ヒット)
道路橋示方書平成29年改定
(昭和47年制定以来の大幅な改定を実施)

①多様な構造や新材料に対応する設計手法の導入
 ■橋の安全性や性能に対しきめ細やかな設計が可能な設計手法を導入
 ⇒「部分係数設計法」及び「限界状態設計法」を導入

②長寿命化を合理的に実現するための規定の充実
 ■設計供用期間100年を標準とし、点検頻度や手法、補修や部材交換方法等、
  維持管理の方法を設計時点で考慮
 ■耐久性確保の具体の方法を規定

③その他の改定
 ■熊本地震を踏まえた対応等

スケジュール
この基準は平成30年1月1日以降、新たに着手する設計に適用します。
但し、必要に応じて平成29年12月31日以前の設計に適用することが出来るものとします。

詳細は、
右側 国交省関連リンクNewをご参照下さい。

(1) 2 3 4 ... 9 »